【新型CX-5】価格やグレード比較!おすすめや人気モデルまとめ!

新型

マツダの売り上げの25%もの
売り上げを出している車が
CX-5であると言われています。

書店やコンビニなどで売られている
車の雑誌でも、CX-5の名前は
ちょくちょく見かけますね。

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/skyactiv/

 

もはやデミオに代わる主力
なりつつあるのではないかと
思うほど。

そこでこの記事では、
CX-5の価格や人気車種について、

グレード比較しながらご案内
していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

ガソリンとディーゼル車はどちらがおススメ?

 

まず、ガソリン車とディーゼル車の
特徴について簡単にご説明をしましょう!

 


ディーゼル車は、
ガソリン車よりも
燃費が安いところが
メリットです!

また、最近では音や
排気ガスといったところも
改善されてきているので、
環境にも優しくなっています。

車にたくさん乗るような、
長距離を走るような方には
メリットがあるものの、

日ごろあまり車に乗らない
ような方にはあまり恩恵を
得ることはなさそうです。


 


ガソリン車の特徴は、
ディーゼル車と比べて
車本体の価格は
安めであることや、

燃費はディーゼル車と比べると
やや高めではあるものの、

それでもガソリンの価格は
低価格化が進んできているので
燃費がものすごく高くつく
わけでもありません。

 

日ごろあまり車を使わないような
方には、ディーゼルエンジン車よりも
ガソリン車を購入されることを
おススメします♪

 

 

【マツダCX-5】ガソリン車とディーゼル車の価格を比較!

 

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/?link_id=sbnv

 

 

一般的にガソリン車とディーゼル車とでは
ディーゼル車のほうが価格は高めとなっています。

しかし、燃費が安かった
長距離を運転する方にとっては、

長い目で見るとガソリン車よりも
ランニングコストを安く抑えられる
メリットがあります。

マツダCX-5に関しても例外ではなく、
ディーゼル車のほうが車体価格は
高めに設定されているようです。

では、それぞれの車体価格を
比較してみましょう!

 

 

CX-5 車体価格
ガソリン車 ディーゼル車
249万4800円 280万8000円

※価格は税込みで、メーカーの
小売り希望価格となっています。

 

 

車体価格はガソリン車とディーゼル車とで
約30万円ほど異なりますが、

ディーゼル車の燃料は軽油なので、
ガソリンと比べると燃費が良いわけです。

軽油の平均価格は約130円/ℓ
ガソリン(レギュラー)の平均価格は約150円/ℓ
(数値はおおまかなものなので、
お住いの地域によって誤差はあります)

ということで、ガソリン(レギュラー)と
軽油の価格差はリットル単位で10円~20円
ほどになります。

ちりも積もれば山となるとはうまく言ったもので、
長距離を走ることが多い方にとっては
長い目で見るとディーゼル車を購入したほうが、

車体価格の30万円ぶんの差も縮めていけるのでは
ないかと思われます。

車ではありませんが、給湯器でも
同じことが言えます。

例えば、石油給湯器は本体価格が安いけれど
灯油の燃料は高くつきます。

しかし、エコフィールを利用することで、
排熱を利用して給湯効率を上げるため、
ランニングコストを抑えることができます。

 

石油給湯器とエコフィールとの価格差は、
10万~20万円くらい異なるようです。

 

給湯機を年間どのくらい使うかにも
よるみたいですが、年間で約20000円ほど
ランニングコストを抑えることが
できると言われています。

つまり、

石油給湯器=ガソリン車
エコフィール=ディーゼル車

というふうに解釈ができるほど
実情が似ているのかなと言えます。

 

 


ディーゼルエンジン車は、
軽油を燃料にできることから
ランニングコストが安いことは、

これまでにもご案内して
いますが、それ以外にも
エコカー減税の対象にも
なっているので、

10~11万円が減税対象
なるんです!

ですから、一見料金が高く見える
ディーゼルエンジン車にも
購入するメリットは
ありそうですね♪

 

 

スポンサーリンク

 

【マツダCX-5】燃費比較

 

 

ガソリン車とディーゼルエンジン車の
燃費について、マツダホームページより
引用しました。

ざっくりとした意見になりますが、
ディーゼルエンジン車のほうが、

一リットルでの走行距離が
3~4キロほど多く走れることが
表からわかります。

やっぱり、長距離を走るユーザーにとっては
ディーゼルエンジン車のほうが
ランニングコストが安いことが
一目瞭然です!

 

ガソリン車の燃費

 

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?_ga=2.175647841.292247117.1535805495-689570342.1533779758

 

 

ディーゼルエンジン車の燃費

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?_ga=2.175647841.292247117.1535805495-689570342.1533779758

 

 

30代男性

個人的に乗っている車が
ガソリン車なのですが、

走行距離は10キロ/Lで、
燃費も高いので、

このような数値を見てしまうと、
次に車を買い替える時は、

ディーゼルエンジン車でも
いんじゃないかなと
思ってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【マツダCX-5】グレード別燃費比較

 

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/skyactiv/

 

 

CX-5のグレードは、大きく分けると

  • ディーゼルエンジン搭載の「XD」
  • 2Lエンジン搭載の「20S」
  • 2.5Lエンジン搭載の「25S」

の3タイプに分かれます。

 

また、「XD、20S、25S」の特徴を
簡潔にまとめると、以下の通り。

エンジン 特徴
XD 燃料が軽油なので、
ランニングコストが安い。
エコカー減税の対象車
20S 車体価格や維持費などのコストを
抑えられるが、4WD設定がない。
25S 気筒が4つあり、通常の走行時は
2つの気筒を休止させて
燃費向上に繋げている。

 

 

さらに、グレードを細かく分けると
8種類になります。

下の表は、CX-5の全グレードと燃費を
まとめたものになります。

 

グレード 燃費
XD(4WD) 17.6km/L
XD PROACTIVE(4WD) 17.2km/L
XD L Package(4WD) 17.2km
20S(FF) 16km/L
20S PROACTIVE(FF) 16km/L
25S(4WD) 14.6km/L
25S PROACTIVE(4WD) 14.6km/L
25S L Package(4WD) 14.6km/L

 

 


こうしてみてみると、
ディーゼルエンジン車は

ガソリン車と比べると
車体価格が高いので、
敬遠されそうですが、

燃費が良いのと、
エコカー減税の
対象になっていて、

約10~11万円の節税が
できるので、

ディーゼルエンジン車が
個人的にはおススメ
なのではないかなと
思います!

【マツダCX-5】人気、おススメグレードはこれだ!

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

 

 

現在、マツダCX-5のグレードで
一番人気なのがXDシリーズで、

なんとマツダ車購入者の70%
ディーゼルエンジン車を選んでいるとか!

 

マツダ社のディーゼルエンジン車に対する
力の入れ具合がよくわかる数値ですね!

 

そのなかでも、
XD PROACTIVE
XD L Package

が人気を博しているそうです!

 

そしてそして、ディーゼルエンジン車の
購入者のなかでも全体の6割が、
XD PROACTIVE、XD L Packageの
2車種を購入しているとか!

 

ちなみに、PROACTIVEモデルと
L Packageモデルの特徴とは
どんなものなのでしょうか?

 

 

XD PROACTIVEモデルの特徴

XD proactiveモデルの特徴は、
ざっくりいうと安全装備が
より充実したものとなることです。

 

通常モデルの装備に加えて
以下3つの装置が追加となります。

 

  • アダプティブLEDヘッドライト
  • ブラインドスポットモニタリング
  • レーンキープアシストシステム
  • 車線逸脱警報システム
これらの装置は、危険認知支援技術と
言われるもので、安全運転を心がける上では
安心度が高いものではないでしょうか?

 

また、タイヤの大きさも
XDモデルと比較して1719インチと
大きくなっています。
ですので、より安全運転を意識しつつも
燃費向上とより長距離運転に
適したモデルになっていると言えます。

XD L Packageモデルの特徴

 

XD L Packageモデルの特徴は、
ざっくりいうと内装や外装が
より充実していることです。また、XD proactiveモデルの装備も
備えていることから、XDモデルの中では
最上級のモデルになります。XD proactiveモデルの装備に
追加されたものは以下になります。

 

【フロントフォグランプ】

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

 

【パワーリフトゲート】
引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

 

【ピラーガーニッシュ】
引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

 

 

【パワーウインドー】
引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

 

 

【ニーレストパッド】

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

 

 

 

【パワーウインドウスイッチ】

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

 

 

【アームレスト】

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

 

 

 

【ステアリングヒーター】

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

 

 

 


こうしてみてみると、
XD L Packageモデルは、
「高級感」を意識している
マツダ社のこだわりを
感じさせます。

また、Proactiveモデルと
比較すると、シートヒーターが
フロントやセカンドにも
ついているのが特徴的です。

L Packageモデルは外装や
インテリア部分が
目立ちがちですが、

ドライバーのユーザビリティも
意識している点が
ポイントかなと思います!

 

 

 

さいごに

 

こうして見てみると、ディーゼルエンジン車は
まだまだ国内では普及していないように見えますが、

マツダ車の購入者の7割の方が実は
ディーゼルエンジン車を購入されていることを
知り、驚きを隠せません!

今回この記事で取り上げた内容が
ガソリン車とディーゼルエンジン車の
どちらにしたほうが良いか、

ひとつの判断材料になりましたら
幸いです。

 

スポンサーリンク